受かる履歴書の書き方

まずは書類選考です。丁寧に一貫性のある記入をしてください。面接に進んだ場合でも、重要な資料ですので、面接時のことも考えながら、過去の職歴やPRポイント、志望動機などを記入してください。

◇丁寧に間違いがないように

◇長文は不要です

書類の種類

履歴書

あなたの基本情報を伝えるために用いられる履歴書。所定のフォーマットに沿って、氏名や住所、学歴・職歴、免許・資格などを時系列に沿って記載していきます。履歴書は、あなたの人生の経緯を伝える重要な役割を果たしますので、記載内容に間違いや抜け漏れがないように、注意して作成してください。

職務経歴書

あなたが社会人として培ってきた経験や実績をアピールするための書類です。形式の決まった履歴書とは異なり、職務経歴書は自由形式で、提出枚数も決まっていないことが多いため、経験や実績に加えて、仕事に対する思いや意欲などもアピールすることができます。仕事での成果、成果を出すにいたったプロセスを、数字で表すなど、論理的に書くと読み手も分かりやすくなります。また、具体的なエピソードなども有効です。

履歴書について

履歴書で見られるポイント

  • 誤字・脱字がないか
  • 手書きの場合、丁寧に書いているか
  • 居住地が通勤可能なエリアか
  • 出身学部や専攻、職歴が自社と関連があるか
  • 転職回数はどのくらいか
  • 業務に活かせる資格を持っているか
  • 自社への志望動機の強さ
  • 希望条件が許容できる内容か

履歴書は印刷か手書きか

手書き、印刷どちらでもかまいません。手書きは、丁寧さなどが伝わること、一方で、印刷の場合は、PCスキルが伝わります。一般的には、手書きが良いと言われますが、それぞれ求められることに合わせるのが一番良いです。

手書きでの注意点

走り書き

走り書きだと、志望が低いとか、多くの履歴書を書いている不採用の可能性の高い人だと思われがちですので、丁寧に読みやすい字で書いてください

間違いの訂正

修正をしたり、修正ペンで消したりというのは、非常に印象が悪いです。書き直しが得策です。

PC作成での注意点

フォント、サイズの統一感に注意。日付が、西暦、和暦と混合しているケースが見られますので、注意しましょう。

職務経歴書について

職務経歴書で見られるポイント

  • 誤字・脱字がないか
  • 書類のレイアウトは見やすいか
  • 職歴の羅列ではなく、プロセスや成果が語られているか
  • 実務内容が自社と関連があり、評価できるか
  • 過去の職歴や転職理由に一貫性があるか
  • 能力・強み・長所などに客観性があるか
  • 仕事への意欲や熱意を感じられるか

職務経歴書では、数字や成果物といった目に見える実績および、仕事のプロセスや、キャリアへの考え方などを伝えます。会社が求めるものは、それぞれ異なりますので、期待される役割等に応じて、会社ごとに作成することも重要です。ただし、あなたが求めるものは変わらないですので、面接官が期待する役割が出来るイメージを持てるようにするためです。