スムーズな退職手続き

出来ることなら、誰もが、気持ちよく円満に退職したいものです。特に、人材が不足している職場では、強い慰留にあって、辞められるのか心配になるものです。そのためにも、スムーズに退職できるように準備していきましょう。

◇「辞める」という強い意志を持つ

◇退職意思を伝える順番を間違えない

◇過去に退職された方のリサーチ

辞めると言う強い意志を持つ

退職を伝えると、”給与アップ”や、”勤務シフトの希望に応える”等の話をして、慰留されることもよくある話。あなたが転職を考えた理由は、なんだったのでしょうか?自身の将来を考え決めているわけですから、強い気持ちを持って、退職の意思を伝えてください。強い意志を持って進もうとしている人には、慰留をあきらめるものです。また、退職の日程についても、現職場がもっと居てもらいたいとの話もありますが、新たな職場の方も、あなたが来るのを心待ちにしているのを忘れないで下さい。

退職意思を伝える順番を間違えない

直属の上司に、一番に退職意思を伝えてください。仲間に話をしてから、噂で上司に伝わっていくのは、マナー違反です。きちんと自身のキャリア、職場環境を考えてくれている直属の上司に、まずは話をして、その後、まわりの方にどう伝えるかを相談してください。

過去に退職された方のリサーチ

職場によって、退職までの引継ぎ期間や、伝え方に多少の差があります。円満に退職された方々の例をベースに、タイミング、伝え方、引継ぎなど考えてみましょう、