在宅介護について

◇訪問サービスをベースに、通所や入所のサービスを組み合わせると良い

◇訪問介護には、「生活援助」や「身体介護」などのサービスがある

◇訪問を受けることで外部との交流が生まれ、見守りの役割も果たしてくれる

訪問サービスは、居宅介護の基本となるサービスで、通所介護、短期入所介護と組み合わせて、介護を充実させている利用者が多いようです。

訪問介護のいろいろ

訪問介護

ホームヘルパーなどの訪問を受けて、家事の世話や身体介護のサービスが受けられます。

<サービス>

生活援助

食事の準備、洗濯、掃除、薬の受け取り、衣服の整理、ベッドメイク、日用品の買い物、関係する機関との連絡など

身体介護

服薬介助、食事・入浴・排泄介助、衣服の着脱、身体の清拭、洗髪、体位移動、おむつ交換、シーツ交換、外出・通院付き添いなど

通院等乗降介助

乗車・降車前後の介助、通院先での受信の手続きなど

訪問看護

看護師などに訪問してもらい、医療的なケアを受けるサービスです。

<サービス>

血圧測定、注射、人工肛門の管理、床ずれの処置、服薬管理、リハビリテーション、体位変換、清潔指導、着替え・食事・排泄・入浴の介助など

訪問入浴介護

看護師と介護士に自宅などに来てもらい、持ち込まれた浴槽や入浴車で入浴の介助を受けます。
*部分浴、清拭は、全身浴の基本料金の70%で受けることが出来ます。

訪問リハビリテーション

理学療法士などの訪問を受けて、自宅などでリハビリを行います。